記事一覧

雪の日

2016年11月24日は11月だというのに記録的な雪が降りました。
積雪日の翌日に畑の様子を見に行ったところ、下記の状況でした。
***
事前対策として霜害防止のため作物にトンネルを施したのでしたが
思わぬ積雪にトンネルも曲がって、作物が潰されてしまいました。
 ・ジャガイモは曲がったトンネルにより多くの茎が折れてしまいました。
 ・まだ成長段階の白菜も雪の重みのトンネルにて少しつぶされました。
 ・大薯の葉は積雪の前までは緑一色でしたが、一気に葉が少し霜焼け状態。
 ・元気だったトマトも同様に一気にしぼんでしまいました。

【つぶれた白菜の畝】
r_PTX16726.jpg

【葉が焼けてしまった大薯】
r_PTX16732.jpg

【ジャガイモのトンネル】
r_PTX16746.jpg

早速、潰れたトンネルを雪を払い立ち上げました。
恐らく葉物は雪の下でも元気であると思いますので、大丈夫のように
思われます。 ジャガイモは茎が折れてしまった部分がありますので
傷まないうちに収穫が必要です。
大薯はもう季節的には葉も少し黄色ずんで収穫時期ですので、収穫の
タイミングをはかって実施ですね。

今後のことを考えると、トンネルは多少の雪では潰れないようにする必要が
ありますので、次回対処することとします。

葉物は雪の下の寒さに触れ、甘くなるのが期待できるかと思っております。

今回、積雪の翌日に対処したのですが、別の畑では積雪の日、雪が止んだ
頃に潰れたトンネルを立ち上げたのですが、夜~朝にかけて寒さで一層
痛みがひどくなった野菜がありました。 こんな時は積雪の下のほうが暖かい
ケースがあるので雪をすぐには払わないほうがよかったかと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高橋渓祥(ペンネーム)

Author:高橋渓祥(ペンネーム)
美味しく健康的な野菜作りを行っています。(栽培期間中農薬無使用の野菜です)化成肥料も使っておりません。畑はつくば市のつくつく農園(我々の畑名)で、二人で野菜作りを楽しんでおります。よろしくお願いいたします。

検索フォーム

アクセス回数