記事一覧

室内栽培上の注意

室内白菜を栽培するに当たっての注意は何でしょうか?
(これは、白菜に限らず室内栽培上の注意といえるかと)

午後に改めて白菜をよ~く見たところ、何と葉の裏側にアブラムシが
ついていました! 
2週間目頃に詳細に見て退治したので大丈夫かと安心しておりましたが
葉の裏側に結構隠れて繁殖していたんですね!
全部やられていたわけではないのですが、一つの苗にはたくさんついて
いました。

そもそもアブラムシは室内ではつくはずはないのですが、以前 外に置いて
あった苗(他の種類)を持ち込んだことがあって、微細に残っていたんですね。
それが持ち越しで繁殖したものでした!

さて、アブラムシの退治はどうしょうか? と悩んだ末に牛乳を使用することに
しました。 牛乳をスプレーして物置から取り出した扇風機で風を送って乾かす
ことにしました。 
  (本来であれば日光でカラカラにするのが一番とは思いますが)
結果死んだかどうか不明ですが・・・・(一部は生きていたように思われます)

その後、水で牛乳を流すことにして引き続き風を送っています。

今後は毎日アブラムシの監視は必要と思っております。

今までの室内白菜の教訓を以下に記します。
・外からの苗は絶対持ち込まない。(虫が入ってきてしまいます)
  同様に土壌も同じです。
・鉢やセルトレイなど、水分が少なくならないよう日々様子をみること。
・日差しに充分さらすこと。(本人は遅く起きても朝の光を苗は浴びたい筈)
・風も微風でもあるに越したことは無いかと思われます。
  芽がでて、ある程度は無風でも育つと思いますが、空気の流れは苗に
  必要な条件であると思います。
・夜は暗くすること。 これ苗が育ってくると暗くするのは難しいですが。
・虫はできるだけ頻繁に監視し、見つけたら即時対処すること。
   (アブラムシは恐ろしいほどの繁殖をします)

室内栽培はまだまだ寒いこの時期は戸外より早く育ちますので
育苗の観点からも是非ともトライされるといいかと思います。

【種まきから31日目の白菜です)
r_PTX17324.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高橋渓祥(ペンネーム)

Author:高橋渓祥(ペンネーム)
美味しく健康的な野菜作りを行っています。(栽培期間中農薬無使用の野菜です)化成肥料も使っておりません。畑はつくば市のつくつく農園(我々の畑名)で、二人で野菜作りを楽しんでおります。よろしくお願いいたします。

検索フォーム

アクセス回数